特徴や気をつけることをしっかりと頭に入れておこう

サイトメニュー

安定した生活を手に入れる

女性

種類やその基礎知識を学ぶ

人間には様々な病気がありますが、その中でも最近深刻になっているのがうつ病になります。うつ病になる原因は様々ですが、やはりしなければならないことを無理に行っている場合なりやすいといえます。そのため、仕方なく会社で仕事をしているような人は楽しんで仕事をしている人に比べて、うつ病になる可能性が高くなります。もし、うつ病になったときの救済手段としては、傷病手当金があります。傷病手当金の種類が1種類しかありません。基本的に、どこの会社で傷病手当金をもらっても中身は同じになります。ただ、精神科や心療内科によって診断書を書いてくれるかどうかが変わる部分がありますので注意が必要です。傷病手当金をもらう場合の条件ですが、働くことが不能になった場合の条件になります。そのため、定期的に会社に行くことができる場合にはそれはできませんので、よく理解しておきましょう。そのため、1週間程度休んでも、その途中で1日だけ会社に行ってしまうと傷病手当金をもらうことができませんので注意しなければならないところです。

うつ病になってしまい、傷病手当金が支払われる場合でも、障害年金とは異なり定年までもらえるわけではありません。そのため、いつまでももらえるに違いないと考えないようにすることが必要になります。どれくらいの期間うつ病で傷病手当金をもらうことができるかと言えば、その期間はおよそ1年半になります。申請してすぐもらえるわけではありませんが、2ヶ月から3カ月程度経過すると、もらうことが可能になります。では、退職してしまった場合はどうでしょうか。退職した場合、もらえないのではないかと考えてそのまま申請しない人もいます。ですが、実は退職した後ももらうことができるのが特徴になります。退職した場合でも、1年6ヶ月の期間はお金をもらうことができるため申請してみるのが良いです。それ以外に理解しておきたい事は、厚生年金に加入している人が対象になります。何故かと言えば、支給しているのが国ではないからです。そのため、アルバイト等をもらうことができません。後は、給料の全額ではなく3分の2程度もらうことができるだけになります。

Copyright© 2019 特徴や気をつけることをしっかりと頭に入れておこう All Rights Reserved.