特徴や気をつけることをしっかりと頭に入れておこう

サイトメニュー

お金をもらうには

カウンセリング

利用する目的と悩みの解決方法を知りたい

うつ病は、目に見えない病気になりますので、発病したとしてもしばらく自分でわからないことが多いです。しかし、一度発病してしまうと自分で直すことが難しいため、状態が悪化する傾向があります。この場合、会社に行けないと判断された場合には、素直に休んだ方がよいでしょう。無理に会社に行くと、余計にひどくなってしまう可能性があるからです。では、傷病手当金をもらうことができるかが問題になります。結論から言えば、うつ病でも傷病手当金をもらうことは可能になります。傷病手当金をもらうことで、生活の維持をすることができるでしょう。傷病手当金の目的自体は、ほとんどの場合生活費の確保や生活の維持になります。ただ、この時の条件ですが、仕事以外でうつ病になったことが重要になります。仕事でうつ病になってももらうことができません。ただ、うつ病の場合はこれを証明するのがむずかしい部分があるでしょう。そのため、受理をする側としても明確に因果関係を証明することができないためあまりこの条件にこだわっていないことが多いです。

うつ病になってから、傷病手当金をもらう場合には、どれぐらいの金額をもらうことができるのか確認をしておきましょう。基本的に、その人の給料によってもらえる金額が変わってきます。おおむね、給料の2/3ぐらいはもらうことができます。ただ、この基準はあいまいで会社によってはもう少しもらえるようなところも少なくありません。そのため、会社でどれぐらいのお金がもらえるかを確認しておいてもよいでしょう。お金をもらえる場合とは、連続する三日間を含んで四日以上仕事に行けない場合がこれに該当します。うつ病の場合は、それよりも長期になることが多いです。そのため、1か月程度休んでしまうことも少なくないでしょう。ただ、あまり休みすぎる場合は障害年金などを申請してみる方法もあり得ます。傷病手当金をもらっている間は、うつ病が良くなるわけではありませんのでその期間を利用して通院し状態をよくすることが重要になります。もらえる期間が1年半のため、その期間内に治す努力をしてみましょう。

Copyright© 2019 特徴や気をつけることをしっかりと頭に入れておこう All Rights Reserved.