特徴や気をつけることをしっかりと頭に入れておこう

サイトメニュー

休職の際に役立つ制度

紙幣

申請には総合的な判断が必要

うつ病の症状が原因で仕事に支障が出た場合、無理をして仕事を続けていく事で症状が悪化してしまうケースは少なくありません。うつ病の症状を改善し仕事や生活を立て直す為に、一旦休職をすると言う選択肢を選び治療に専念するのが効果的と言われています。そこで問題となるのが休職をしている間の生活費になる訳ですが、それを補う方法として傷病手当金という制度が適用となる場合があります。傷病手当金は、企業に従事し社会保険に加入している場合、就労不可となった日1日あたり、標準報酬日額の3分の2が支給される仕組みです。傷病手当金の受給資格は社会保険の加入以外に、症状が原因で連続する3日間を含み4日以上就労不可となり、且つその間の給与の支払いがない事となります。申請の際には医師の診断書と傷病手当金支給申請書の提出が必要となり、受給が認められれば最長1年半の期間受給可能となります。初めての申請の場合、会社とのやり取りや申請の手続きが精神的負担になる事も踏まえ、社会保険労務士に依頼すると言う方法もあります。

うつ病の症状によって就労不可状態となり休職するとなった場合に、傷病手当金を受給する事によって得られるメリットは幾つかあります。一番の大きなメリットは、標準報酬額の満額ではないものの3分の2の金額が最長で1年半受給出来る為、生活費に不安無く治療に専念出来る事が挙げられます。またうつ病で就労不可となった場合、労災の適用も受けられますが支給開始まで1年近くの期間を要する一方、傷病手当金は1ヶ月程で支給される早さがメリットです。もう一つは時効までの期間が2年間設けられており、退職をしてしまった場合でも2年以内であれば申請手続きが可能となっている点が挙げられます。しかしデメリットとなり得る点もあり、支給されるのはあくまでも1年半となり、その間に復職の目処が立たない場合は、その後の生活費の工面が必要となります。また、会社とのやり取りの煩わしさや生命保険の審査に通りにくくなるなど点も挙げられますので、総合的に判断した上で申請に踏み切る事が必要となります。

Copyright© 2019 特徴や気をつけることをしっかりと頭に入れておこう All Rights Reserved.