特徴や気をつけることをしっかりと頭に入れておこう

サイトメニュー

現状を良くしたい

困っている人

仕組みや準備

毎日気分がすぐれないような場合には、うつ病の可能性があります。うつ病になってしまった場合には、傷病手当金をもらうことで生活ができる可能性があります。そもそも、うつ病で傷病手当金をもらうことができるかが問題になります。かつては、あまりうつ病の病気として認知されていませんでしたので、もらえないことが多かった傾向があります。そもそも、そのような事実を知らずに申請しなかった人も多かったでしょう。ところが近年は、うつ病が病気と認知されるようになってから多くの人が申請をするようになりました。実際に、申請をしてみたところもらえる人が多かったわけです。ただこの場合でも、だれでももらえる仕組みではありません。少なくとも、自分が病気であることを証明しなければなりません。どのように証明したれるかといえば、傷病手当金の前提条件として診断書を書いてもらうことです。この診断書を書いてもらえば、たいていの場合お金をもらうことができるといえるでしょう。ただし、いくら傷病手当金といえども会社を数日休まなければもらうことができません。中でも途中で1日でも会社に行ってしまったならばもらえないことがあります。

うつ病の人が傷病手当金をもらうための準備として、一体何をしたらよいでしょうか。まずは、会社員になっていることが大前提になります。あるいは、最近はパートタイマーでも会社員と同じように厚生年金に加入させてくれるようなところもあります。この場合には、お金をもらうことができるでしょう。実は、傷病手当金は障害年金と異なり厚生年金に加入していなければお金をもらうことができない決まりがあります。なぜかといえば、お金を支払うのが健康保険組合だからです。診断書を書いて提出する準備も必要になるでしょう。診断書を書く場合には、必ずそのかかりつけの医師にお願いする必要があります。医者によっては、診断書を書くことに対して否定的な人もいますが、基本的に患者から書いてくれと申し込まれた場合医者としてはかかざるをえません。そのため、拒否をしたとしても書いてもらうことは可能になります。うつ病の診断書を書いてもらう場合には、お金がかかりますが\1000程度で済ませることが可能になるでしょう。

Copyright© 2019 特徴や気をつけることをしっかりと頭に入れておこう All Rights Reserved.